2021年02月14日

上州は下仁田町に遊ぶ

昨夜は 震度6強の福島沖地震
 どうして福島・宮城ばかり狙われるか?
気分転換に 県内散策 
はるカスミの陽気に誘われ下仁田に遊ぶ
下仁田郊外の 虻田の福寿草を見ると春を感じます。
毎年訪れます。
 部落のお年寄りの方々が福寿草の里を守っております。
 ただ今年は新型コロナの影響で規模を縮小しております。
0214abutafukujyusou.jpg

まだ少し早い感じです。10日位すると一面埋め尽くされます。
0214abutafukujyusou2.jpg

紅梅も多く観られます。
0214abutafukujyusou4.jpg
鏑川と南牧川の合流地点に青岩公園があります。
 名の通り 青い大きな岩の塊が川の中央にドッカリと現れます。すごい存在感です
ジオパークとなっております。くわしくは 上段の青岩公園をクリックしてください。
0214abutafukujyusou7.jpg
0214abutafukujyusou6.jpg

「青岩の公園」少し下流に はねこし峡が出現します。
0214abutafukujyusou9.jpg

川幅は狭く、深い谷を形成ております。
0214abutafukujyusou10.jpg 
0214simonitatoro.jpg






続きを読む
posted by araki at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月12日

タイムカプセル・300年の眠りを経て。

300年近くの眠りを経てタイムカプセル
開けられた。基底から3m以上の立派な
宝きょいん塔が傾き、危険なため分解して
立て直す作業をした。
碑文なは元文元年(1736年)10月1日)
 その時 基礎部分に小石に経文が一個
一個にかかれ、1000以上ありました。
また 中段の四角形の部分に内がクリ抜かれ
和紙に経文が収められていた。

0212houkyo.jpg
0212houkyo2.jpg
 くりぬかれたこの部分に経文が竹筒に収められていた

IMG_1580.jpg

0212houkyo3.jpg
基底部に敷き詰められていた経文の書かれていた小石

0212houkyo4.jpg

0212houkyo5.jpg
えらいお坊様に開眼供養をして頂いた。。

posted by araki at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月30日

春の便り その1

秩父路の春
 秩父は長瀞町 宝登山神社を参拝し
 神前でお祓いを受け 宝登山のケーブルで山頂へ
 470mの南向き斜面に300本の蠟梅が咲き誇り
 淡い黄色に埋め尽くす。


 春を告げる 木花の中で 一番早く開花する

0130nagatoeo3.jpg

0130nagatoeo5.jpg
0130nagatoeo6.jpg

0130nagatoeo.jpg





posted by araki at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月24日

開通しました。

先月12月18日開通したばかり
 大柏木川原湯トンネルまだ1カ月の
文字通り 湯気が出ている感じ。
 八ッ場ダム建設に伴って掘られたトンネルです。

 全長3005メートルで高崎方面から長野原・
草津温泉には40分短縮される。
 トンネル内は白く大変明るいです。
国定忠治さんが散った大戸の関所から5km位です。
 このトンネル工事には当社取り扱い商品が
多く使われました。
0124ookasiwagi.jpg
大柏木側の入り口

0124ookasiwagi3.jpg
トンネルを抜けると 川原湯温泉駅
駅 構内に張ってある。温泉街の手書きの案内板
始めて出会ったのでシャッターを切った。
0124ookasiwagi5.jpg


0124ookasiwagi2.jpg
駅そばに 行政運営の日帰り温泉「王湯」し施設が迎えてくれる
王湯 温泉の近くに お土産やさん「お福」さがある。
奈良漬はとにかくおいしいです。
お店には 嵐 さんが寄贈した楽しい絵が飾ってあった。
0124ookasiwagi4.jpg



posted by araki at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月12日

太平山神社に遊ぶ

曇り空の晩秋
 栃木県は栃木市郊外の県立太平山公園で遊びました。
上杉謙信がこの山腹より関東平野を眺め
 つくづくその広さに圧倒されたと案内板に記してありました。
霞がかかり眺望はもう一つでした。
 花より団子で
神社入り口にある「もみじ庵」のそば定食?
 はどれもおいしかった。
上杉さんは食さなかったと思う。残念!
 栃木県の蕎麦屋さんはずれが無くうまい
どの食堂も実にそばはうまい。
1212oohirasan2.jpg

  卵焼きは ここの名物だ
1212oohirasann.gif
1212oohirasan5.jpg

参道の石段 老人には堪える。

 1212oohirasan4.jpg  
 神殿の数々 いろんな神様が 百貨店の如く
  集結しているので なんでも 聞き届けてくれる。
1212oohirasan7.jpg

裏山を5分山道を登ると 奥宮がある。
 ぽつんと 一軒の如くあるだけ
1212oohirasan6.jpg
門前町? 2〜3件の食堂兼土産物屋さんがある。

1212oohirasan3.jpg

  定年間際に・・ちりぎわの有終の美 を見せてくれた。
   また訪れたい 太平山公園でした。

posted by araki at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月26日

草軽電鉄ご存じですか

昔 長野県井沢町→群馬県津温泉温泉まで
 55km間草軽電鉄が走っていた。
最盛期は年間50万人の人を運び、
 帝国硫黄で生産される硫黄や木材等の輸送に
活躍した。
 昔は山間地も元気だった。山奥でも林業が
盛んで分校があり、子供たちが駆け巡っていた。
1123kusakaru4.jpg

こんな華奢な原動機で良くも1000mの山麓を
 走り続けたものだ。
1123kusakaru2.jpg

再現された 軽井沢駅舎
1123kusakaru.jpg
 草軽電鉄 説明看板

1123kusakaru3.jpg
 懐かしい 切符


posted by araki at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月05日

文化の日 恒例の湯檜曽川散策

文化の日は恒例の谷川岳
 湯檜曽川沿いを散策となっている

ここには昭和7年9月15日建設された
 虹芝寮がある。雪崩にも合わず
88年(米寿)耐えて来た由緒ある山小屋だ
 少し紅葉は遅かったが、
台風とが上陸しなかったせいか、色鮮やかな景色が
 楽しめた。
 翌日水上は5cmとあり、幸運であった。
1107tanigawa.jpg
ここは一の倉沢出会い付近
1107tanigawa3.jpg


1107tanigawa2.jpg

一番若いのが 7歳〜70才代の年長組迄
1107tanigawa5.jpg

西黒沢近く

1107tanigawa6.jpg
今年も会えた虹芝寮



posted by araki at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月01日

晩秋の上高地

深まった秋の上高地を散策
 通過した松本市 より常念が印象的である。
雲一つない スカンピンの快晴で一日が始まった。
1105kamikouti2.jpg

松本市から常念
1105kamikouti.jpg
コロナ禍でインバウンドの方々が居ないので
  静かな上高地を満喫出来ました。

梓川と釣り尾根
1105kamikouti4.jpg

奥穂高神社の明神池
1105kamikouti5.jpg

 徳澤への道 より明神岳  紅葉の最後の主役カラマツが冴えわたる。

1105kamikouti3.jpg

夕暮れ迫り 残照が奥穂を照らす。

翌日
上高地から帰り道 美ヶ原に立ち寄る
1105utushigahara.jpg
翌日の午後から曇って来る


1105utushigahara2.jpg
 美ヶ原 風が強く北アルプスがぼんやり見えた。

ゴコウ株式会社のロードマットがNETISに引き続き
ARICに登録されました。


posted by araki at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月15日

今年も 来ました アサギマダラさん 今年も来ました、マダラさん

秋の 晴れて気温の比較的高い日に
 やってきました。アサギマダラさん
奄美大島 喜界島に行く途中
 我が家に立ち寄ってくれました。

1012asagimadara.jpg

フジバカマの甘い蜜を
 腹いっぱい吸い込んで
天女が舞う様に優雅に
   飛び立って行きました。
1015asagimadara2.jpg

  この画像は 昔の画像でなく まさしく 
   今年 10月12日 でした。

posted by araki at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月11日

里の秋 借金の返済

魚沼の山里に秋が訪れた。
 56年前(20才)にお借りしたお金を
お返しにきました。
  残雪期 単独で上越の山を歩きました。
(写真をクリックすると大きくなります)

1015sagurigawa3.JPG

この部落のS.Kさんにお金をお借りしておりました。
 古い私の 山日記 をたまたまめくっていたら記録されてました。
img20201015_14291474.png
 (写真をクリックすると拡大します)

 群馬県の水上温泉→矢木沢ダム(熊谷組が工事中)
  水長沢〜 平が岳2140m→剣が倉山→
 藤原山1709m→大水上山(利根川水源地)
 兎岳→中の岳(2085m)→十字峡(430m)
 ここでお世話になった農夫に逢う。
1015sagurigawa.JPG
十字峡  写真をクリックすると拡大します

  中の岳から下山中 十字峡近くまで来ると
 黒部川の十字峡は知りませんが 実に見事な(十字)クロスです
 群馬から マタギの様に山伝いに、途中利根川の
 水源地である 大水上山の 大雪田の雪代で
 ラーメンを作り 中の岳を一気に1600m駆け下り
この十字峡で農夫と出会い、食事、お風呂をいたていただき
 泊めていただき、その上、お金が無かったためにお借りした。
 この図々し若造に 二つ返事で貸してくれました。
  多分 返していなかったと思い、56年後にその息子さんに
 訳を話し 受け取っていただきした。 お返しで来たことは
  遠い昔の山日記と出会えたからです。

今年は クマさんの当たり年だそうで
 至る所に クマさん注意が掲示されております。
1015sagurigawa4.JPG
この写真クリックすると拡大します
  この十字峡でクマでなく、親切な農夫と出会う。

1015sagurigawa2.JPG

三国川ダム かの田中角栄さんがお創りになり
 村人には感謝されております。
 越後に来れば カクサン です。
今 秋田の イチゴ さんとはスケールが違いすぎます。
posted by araki at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月07日

栃木市観光

一年振りに栃木市を訪れる。
 昨年は台風19号の水害で中小河川が
氾濫して、堤防が至る所で決壊し
 ブルーシートで決壊場所が緊急対策を施されていた

蔵の街通りを少し散策した。
1006totigi.jpg

とちぎ蔵の街美術館 今回は浮世絵展でした。

1006totigi4.jpg

 山本有三が15歳まで住んでいた
1006totigi2.jpg

山本有三 ふるさと記念館。
 「路傍の石」の一節がほうぼうに飾ってあります。
    
 たったひとりしかいない自分を、
  たった一度しかない一生を、ほんとう生かされなかったら、
人間、生まれてきたかいがないじゃないか。
1006totigi3.jpg
  水琴窟
 キーンと言う 澄んだ琴の音が耳に心地よい。


posted by araki at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月03日

GO TOキャンペーン利用

安全な県内宿泊にGO TOキャンペーンを利用

先ず芳が平下部に位置する ちゃつぼみごけ公園に

0902tyatumigoke.jpg

0902tyatumigoke2.jpg
ちゃつぼみごけ 今年は暑すぎてコケの生育が悪い
0902tyatumigoke4.jpg
 昭和42年迄 露天掘りで鉄鉱石を採掘
 8kmしたの太子駅迄ケーブルで運び
  横浜の扇島にある日本鋼管で製品となる

 鉄鉱石を掘った後に ちゃつぼみごけが群生した。
0902tyatumigoke8.jpg
0902tyatumigoke7.jpg

すぐそばに養蚕農家集落 赤岩重要伝承地区を訪ねる

  3階建の木造建築 養蚕・製糸工場 生糸は 今の自動車産業だ
 横浜開港当時 日本の全輸出額の半分以上を占めていた基幹産業であった。
  養蚕の担い手は 主婦 であった。群馬はかかあ天下と云われる由縁である。
0902tyatumigoke9.jpg

 足を延ばして 野反湖 に寄る
   35年ぶりの ご対面 感激の一言

 35年前と少しも変って居なかった。
  ボート も 浮かんでなく 建物も一つも経って無く
 よくも 自然が保たれていたもんだ。
  商業資本をいれず、群馬も捨てたものでない



0902tyatumigoke5.jpg

0902tyatumigoke6.jpg

 35年前と同じ 景色に感激あるのみ

0902tyatumigoke10.jpg

  四万の温泉で一泊し GO TOキャンペーンを使っての散歩
四万の おおけつ あのおおけつとは異なり
 3万年物歳月を費やし 岩を 水の流れで造形した優雅な
 作品です。
  中之条町の観光案内となってしまいました。
 ぜひ 訪れて下さい。

    

続きを読む
posted by araki at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月13日

どうした!雪国 桜満開

4月9日は決まって雪国 魚沼に行き
 お酒 と魚沼産のコシヒカリを買ってくる。

例年雪が 50cm〜1mあるのに今年は
 雪が 畑・田んぼどころか
スキー場にもない。
 雪まつりは中止となるほど 雪不足
  それどころか 桜満開 どうかしている。
0409muikamati.JPG

0409muikamati4.JPG
例年 ならば 道の 両側には 雪が1m位あるのに。

0409muikamati11.JPG

雪のない スキー場

0409muikamati2.JPG

 この景色は5月のGW明けの様ですです この山は巻機山

0409muikamati5.JPG
六万騎山

六万騎山一面にカタクリが咲き誇っていた。
0409muikamati10.JPG

0409muikamati15.JPG

0409muikamati9.JPG

雑木林に 可憐な こぶしの花が風に揺れてました。

  雪割草 がたった一凛迎えてくれた

0409muikamati6.JPG

0409muikamati14.JPG

雑木林に 可憐な「こぶし」の花が揺れていました



posted by araki at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月06日

どてらい男・中居屋重兵衛

群馬県は 嬬恋村と言っても知らない人ばかり
 キャベツと浅間山の村です。
ここに幕末にすごい男が生まれました。
 中居村出身の中居屋重兵衛さん
生糸日本一を誇る上州は嬬恋村出身
横浜開港で当時輸出と言えば 生糸が
 メインでありました。今でいえば自動車産業ですか。
横浜港から生糸の半数以上を中居屋重兵衛が取り仕切って 
 いたというから、今でいえば 三菱商事と三井物産を
足した位の比率だったのかもしれません。
0406tumagoi5.JPG

0406tumagoi9.JPG

0406tumagoi11.JPG

0406tumagoi7.JPG

0406tumagoi10.JPG

0406tumagoi6.JPG

 墓地から富士山の如く 浅間山がそびえ、重兵衛氏を
 見守っております。


0406tumagoi4.JPG

 重兵衛の墓地から ほど近い所に 鎌原の観音様があります。
 浅間山の大噴火 天明3年 1783年の噴火火砕流で
 鎌原部落がそっくり 壊滅しました。477名が死 90余名
 のみ 助かった。小高い 観音様の階段 を登りかけ
 途中で火砕流に飲み込まれ 息絶えた 遺骨が発見されました。
 日本のポンペイです。


0406tumagoi.JPG

0406tumagoi8.JPG

今 富士山の噴火が話題になっております。
 大いに参考にしてはいかがです。
隣り合わせに 嬬恋郷土資料館があり、
 たくさんの資料20分ビデオが詳しく解説してくれます。



posted by araki at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月01日

八ッ場ダム 完成

2020年3月31日八ッ場ダム完成
 1952年調査開始して 68年経過してやっと完成!!
敗戦直後のキャサリン台風で利根川の堤防決壊を
 機に建設調査が開始された。
私は昭和41年親友の福澤君と近い内に
 この吾妻渓谷もダム底になると言って案内した。
あれから54年 難産の末完成した。

 昨秋台風19号で東日本では至る所で
 中小 河川が氾濫した。

 完成直後、運良く貯水を始めたばかりの
 空っぽのダムが、激しい台風の雨水を
 しっかりため込み、「下流域の洪水を
 防いだ」 と評価されました。

 人口密集地帯がもし冠水すれば?と思えば
 ぞっとします。
 尊い人命と財産が守った。
  今回で元は取れた、これからは儲けもの
0401yannbadamu3.JPG
0401yannbadamu2.JPG

0401八ッ場ダム.JPG

0401yannbadamu4.JPG


posted by araki at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月31日

弥生の雪

 開けても 暮れても コロナコロナ騒ぎの中
3月も押し迫った29日関東地方に雪が降った。
  満開 シャクナゲも咲いて
冬と 春とが混在して面白い
桜と雪
0331yainoyuki2.JPG

0331yainoyuki3.JPG
雪だるまも できるくらいの積雪でした。

0331yainoyuki.JPG

今年も咲きました淡いピンクのシャクナゲ
0331yainoyuki4.JPG


posted by araki at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月07日

冬眠より覚めて

1月2日よりブログを無精して
 すっかり休んでしまいました。
10日程前より うぐいすがさえずり始め
 ました。

 11月初め 我が家に訪れた
  ジョウビタキが渡りをする前
 挨拶に来てくれました
0227.JPG

  鮮やかな 背中の白い斑点袴を
 誇らしげに着ておりました。
  今秋も ぜひ飛来してもらいたい。
0227jyoubitaki.JPG

野鳥は通常メスがきれいですが、
 ジョウビタキはオスが奇麗です。
posted by araki at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月07日

高御座と御張台

3日
「即位礼正殿の儀で使われた」

 高御座と御帖台の現物が

上野は 国立博物館で
一般開放された。
新聞・TV・雑誌等で見るのと違い
 色 鮮やかで 日本芸術の粋を
集めた 作品でした。高御座
0103takamikura4.JPG
 一般公開の案内ポスターの

0103takamikura.JPG
 (現物 を撮る) 右の高御座と左の御張台屋根の 鳳凰?は
 おなじみ見えますが

0103takamikura2.JPG

 こちらの鳳凰(高御座)の尾は くなっておりますが

0103takamikura3.JPG

御帖台 の鳳凰に似てますが 麒麟(きりん)です。
 麒麟の尾は 直に伸びております


posted by araki at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月06日

一般参賀

今日は皇居での 一般参賀
 9時より坂下門に並ぶ
風なく 雲一つない参賀日和
 10頃より雲が時たま出る
0102sannga4.JPG

長く出来た列 
0102sannga2.JPG

  平成〜令和の新旧交代
0102sannga3.JPG
 上皇を上皇后陛下かがごく自然にサポートされておられるのが
  印象的でした 長い間 公務 ご苦労様でした。
posted by araki at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月04日

謹賀新年

昨日となんら変わらぬ“日の出”
 ありがたい ご来光です。
 今日は元日と言うだけで
神々しく見えるから
 不思議だ!!
6時55分橙だい色から始まる
 モルゲンロートはエネルギーの塊
高炉から出て来た “湯”そのものだ
 0101hatuhinode.JPG
  わずかに 顔を出す
0101hatuhinode2.JPG
2020の始まりです。
  家族皆健康で過ごせます様に 思わず祈る。
  
posted by araki at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記