2019年04月11日

越後の春 と 鈴木牧之

魚沼の春
 今年の雪は大変少なかった。
  今はカタクリの花が真っ盛りの
 六万騎山に行きました。
  登り口からカタクリの群生
 迎えてくれます。
  「雪割り草」が白くかわいい花で
 迎えてくれました。
毎年 4月 9日は六日町を訪れます。
云わば 定点 観測とでもいうのでしょうか?
 14回目となりました。


0411etigo4.JPG

あいにくの 氷雨 が降り続いて花は うつむき加減 下向きです。

撮影日 2019年 4月09日
0411etigo5.JPG

0411etigo.JPG

雪割草
0411etigo2.JPG

 江戸時代 雪国の生活を克明の記録した 「北越雪譜」

0411etigo7.JPG


0411etigo6.JPG


0411etigo8.JPG


0411etigo10.JPG


0411etigo9.JPG

反物の糸を作るのに 半年かかり
  織りあげるのに 塩沢つむぎは半年かかります。
  完成品は一反126万円だそうだ。




桜 と 風 と春の雪
  4月10日 9年ぶりに春の雪が
   関東の平野部に降り積もりました。

満開の桜に春の雪が積もり 思わず
シャッターを切りました。
ようく 見て下さい、桜の花の上に 雪が積もっております。
0412sibukawa.JPG
  上記 写真は4月10日(水)

0412sibukawa2.JPG

上 と 下の写真は 11日(木)撮影 
0412sibukawa3.JPG


posted by araki at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185844485
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック