2015年07月13日

あな アナ 観音様

群馬県上州は 横浜開港に伴い
 空前の生糸の輸出で
空前の景気で活況を呈しました。
製糸工場も先進的な富岡製糸が出来
 昨年世界文化遺産に登録されました。
製糸の原材料である お蚕さん まゆの
 生産の向上に力を尽くした人の多くおりました。
永井紺周郎しもその一人です。

アナ あな 決して変なことを考えなください。
穴観音・蚕稲荷の神官を養蚕技術を熱心に
指導した 永井紺周郎氏が務めておりまし 。
場所は群馬県片品村 針山にあります。
彼は養蚕の飼いかたの指導を県より任命されたほどです
0713anakannnonn6ana.jpg

紺周郎氏は57歳で亡くなりましたが、その
遺志を継いだのが 妻 いとでした。
実家に2階建ての伝習館を建て養蚕を指導したり
また、家事や子供の躾まで及んだそうです。
「農家の財布もひもはかかあが握るべし」と
説いたそうです。
”kakaaかかあでんか” 家庭が円満の秘訣
上毛新聞6月25日より
0713anakannnonn2.jpg
妻 いと が自宅に作った 伝習館
0713anakannnonn6sakura3.jpg

天王桜 樹齢300年 GWにはこの桜を見に
大勢の人であふれます。すぐ そばにある
天王桜
0713anakannnonn4.jpg

0713anakannnonn6sakura.jpg
 H27年4月28日撮影
0713anakannnonn6sakura2.jpg
H27年7月12日撮影 天王桜

夏に見るのも価値があるます

0713anakannnonn5.jpg

穴観音上り口


0713anakannnonn6ana2.jpg
0713anakannnonn6ana3.jpg

神殿がすっぽりはいる 大きな祠です。


posted by araki at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/151992412
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック