2019年09月29日

秋の使者 

今年も 秋の使者であります 
 アサギマダラが我が家に挨拶に来てくれました。
優雅に 天女如く 舞う姿は何とも言えません。

上空 より 我が家の フジバカマ
 発見して 思いっきり 蜜を吸い
飛び立ってゆきました。

0929asagimadara3.JPG

0929asagimadara2.JPG
0929asagimadara.JPG

彼岸花 曼殊沙華が開花しました。
 平年より 12日遅いということです。
あまりの華やかさに思わずシャッターを切った。
0929asagimadara4.JPG
posted by araki at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月22日

石器時代の超ブランド品

石器時代の超ブランド品産地をぶらっと寄り道しました。
 矢じり・や ナイフ等に加工できる良質の
黒耀石の原産地が長野県長和町 星糞峠
 諏訪湖に近い この地域一帯が 黒耀石の原産地です。
特に 星糞峠一帯は良質な原石は取れます。

 当く離れ 津軽海峡をも渡った北海道でも確認されております。
黒耀石を発掘した 鉱山 発掘地を発見した人は
 農業を営んでいた児玉さんと言うことです。

納豆売りをしながら 岩宿遺跡を発見し、日本の考古学
 を変えた・旧石器時代を発見した群馬の
 相沢さんを想い浮かべます。

 八戸市の 是川兄弟さん等市井の方々の情熱のたまもの
  と思います。
  古代のロマンを追い続けた方々に感謝です。
0922kokuyouseki.JPG

   足元に黒耀石がキラキラ光って見つかります。

0922kokuyouseki22.JPG
0922kokuyouseki26.JPG

  明治大学の黒耀石研究センター
0922kokuyouseki2RM2.JPG

旧石器時代の鉱山開発地の発掘作業現場

0922kokuyouseki2RM4.JPG

0922kokuyouseki2RM3.JPG

発掘現場の松の木
上手く反転できませんが、つい最近 月の輪クマが爪を研いだ
 右側の小さな傷跡です。

 腹の減った後は おいしい 10割蕎麦をいただく
0922kokuyouseki27.JPG


posted by araki at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

榛名湖立ち寄り

こじんまりとした、榛名湖 榛名富士を
 外輪山が囲む 箱庭的なスチュエーンションです。

 かって 竹下夢二がアトリエを湖畔に所有していた。
0916haruna2.JPG

0916haruna.JPG
  コスモスと 榛名富士

0916haruna3.JPG

0916haruna4.JPG

   かっての 竹下夢二のアトリエ
0916haruna7.JPG

  忠実に復元さている アトリエ
0916haruna6.JPG 

「湖畔の宿」ここで作詞された そうです。
  歌・高峰 三枝子  作詞・佐藤惣之助 作曲・服部 良一
   
  山の淋しい 湖に・・正に歌詞どおりさびれた湖畔

 かっての賑わいもなくひっそりとしてしまっている。
  原因は色々考えられますが、一つは冬 凍結せず
 スケート客やワカサギ釣り客が全く来なくなったこと。

  遊び、旅等人々の趣味が多様化した。事など考えられます。

posted by araki at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月03日

夏の思い出

青森は 白神山地 奥入瀬 八甲田
 の旅をする。
白神山地近くの 不老不死温泉に先ず一泊す。
 なにせ名前が気に入った 齢をとらず
死 なない すべて良し。
 これでもう 私は 長生き間違いなしであります。
0903aomori4.JPG

日本海に沈む 夕日は素晴らしかった。
  ちょっと ワイルドですが 素朴そのもの
 女性は 浴衣をつけ 入れます。混浴です。

0903aomori8.JPG

日本海に今にも沈まんとする太陽 素晴らしいの一語
夕日が沈むまで ゆっくり 露天風呂に突かりました。
0903aomori5.JPG

 女湯 男湯の境いは葦簀のみ
  波打ち際に 岩を並べ よしずで囲むだけ
 薄い 茶褐色 の温泉です。
0903aomori7.JPG

中ごろの右下 に浴槽が見えます。こんな露天風呂見たことない。
 冬の日本海が荒れると 波をかぶりそうだ。
 湯舟につかると 温泉面と海面が 一体化しそうです。
0903aomori6.JPG


12湖 白神山地
0903aomori2.JPG

そして奥入瀬
0903oirase.JPG

 八甲田山のケーブルカーより
  雄大な すそ野を見ながら 
0903oirase2.JPG

  最後は 三内丸山を見て帰る 

posted by araki at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記