2021年02月14日

上州は下仁田町に遊ぶ

昨夜は 震度6強の福島沖地震
 どうして福島・宮城ばかり狙われるか?
気分転換に 県内散策 
はるカスミの陽気に誘われ下仁田に遊ぶ
下仁田郊外の 虻田の福寿草を見ると春を感じます。
毎年訪れます。
 部落のお年寄りの方々が福寿草の里を守っております。
 ただ今年は新型コロナの影響で規模を縮小しております。
0214abutafukujyusou.jpg

まだ少し早い感じです。10日位すると一面埋め尽くされます。
0214abutafukujyusou2.jpg

紅梅も多く観られます。
0214abutafukujyusou4.jpg
鏑川と南牧川の合流地点に青岩公園があります。
 名の通り 青い大きな岩の塊が川の中央にドッカリと現れます。すごい存在感です
ジオパークとなっております。くわしくは 上段の青岩公園をクリックしてください。
0214abutafukujyusou7.jpg
0214abutafukujyusou6.jpg

「青岩の公園」少し下流に はねこし峡が出現します。
0214abutafukujyusou9.jpg

川幅は狭く、深い谷を形成ております。
0214abutafukujyusou10.jpg 
0214simonitatoro.jpg






続きを読む
posted by araki at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月12日

タイムカプセル・300年の眠りを経て。

300年近くの眠りを経てタイムカプセル
開けられた。基底から3m以上の立派な
宝きょいん塔が傾き、危険なため分解して
立て直す作業をした。
碑文なは元文元年(1736年)10月1日)
 その時 基礎部分に小石に経文が一個
一個にかかれ、1000以上ありました。
また 中段の四角形の部分に内がクリ抜かれ
和紙に経文が収められていた。

0212houkyo.jpg
0212houkyo2.jpg
 くりぬかれたこの部分に経文が竹筒に収められていた

IMG_1580.jpg

0212houkyo3.jpg
基底部に敷き詰められていた経文の書かれていた小石

0212houkyo4.jpg

0212houkyo5.jpg
えらいお坊様に開眼供養をして頂いた。。

posted by araki at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月30日

春の便り その1

秩父路の春
 秩父は長瀞町 宝登山神社を参拝し
 神前でお祓いを受け 宝登山のケーブルで山頂へ
 470mの南向き斜面に300本の蠟梅が咲き誇り
 淡い黄色に埋め尽くす。


 春を告げる 木花の中で 一番早く開花する

0130nagatoeo3.jpg

0130nagatoeo5.jpg
0130nagatoeo6.jpg

0130nagatoeo.jpg





posted by araki at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月24日

開通しました。

先月12月18日開通したばかり
 大柏木川原湯トンネルまだ1カ月の
文字通り 湯気が出ている感じ。
 八ッ場ダム建設に伴って掘られたトンネルです。

 全長3005メートルで高崎方面から長野原・
草津温泉には40分短縮される。
 トンネル内は白く大変明るいです。
国定忠治さんが散った大戸の関所から5km位です。
 このトンネル工事には当社取り扱い商品が
多く使われました。
0124ookasiwagi.jpg
大柏木側の入り口

0124ookasiwagi3.jpg
トンネルを抜けると 川原湯温泉駅
駅 構内に張ってある。温泉街の手書きの案内板
始めて出会ったのでシャッターを切った。
0124ookasiwagi5.jpg


0124ookasiwagi2.jpg
駅そばに 行政運営の日帰り温泉「王湯」し施設が迎えてくれる
王湯 温泉の近くに お土産やさん「お福」さがある。
奈良漬はとにかくおいしいです。
お店には 嵐 さんが寄贈した楽しい絵が飾ってあった。
0124ookasiwagi4.jpg



posted by araki at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月12日

太平山神社に遊ぶ

曇り空の晩秋
 栃木県は栃木市郊外の県立太平山公園で遊びました。
上杉謙信がこの山腹より関東平野を眺め
 つくづくその広さに圧倒されたと案内板に記してありました。
霞がかかり眺望はもう一つでした。
 花より団子で
神社入り口にある「もみじ庵」のそば定食?
 はどれもおいしかった。
上杉さんは食さなかったと思う。残念!
 栃木県の蕎麦屋さんはずれが無くうまい
どの食堂も実にそばはうまい。
1212oohirasan2.jpg

  卵焼きは ここの名物だ
1212oohirasann.gif
1212oohirasan5.jpg

参道の石段 老人には堪える。

 1212oohirasan4.jpg  
 神殿の数々 いろんな神様が 百貨店の如く
  集結しているので なんでも 聞き届けてくれる。
1212oohirasan7.jpg

裏山を5分山道を登ると 奥宮がある。
 ぽつんと 一軒の如くあるだけ
1212oohirasan6.jpg
門前町? 2〜3件の食堂兼土産物屋さんがある。

1212oohirasan3.jpg

  定年間際に・・ちりぎわの有終の美 を見せてくれた。
   また訪れたい 太平山公園でした。

posted by araki at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月26日

草軽電鉄ご存じですか

昔 長野県井沢町→群馬県津温泉温泉まで
 55km間草軽電鉄が走っていた。
最盛期は年間50万人の人を運び、
 帝国硫黄で生産される硫黄や木材等の輸送に
活躍した。
 昔は山間地も元気だった。山奥でも林業が
盛んで分校があり、子供たちが駆け巡っていた。
1123kusakaru4.jpg

こんな華奢な原動機で良くも1000mの山麓を
 走り続けたものだ。
1123kusakaru2.jpg

再現された 軽井沢駅舎
1123kusakaru.jpg
 草軽電鉄 説明看板

1123kusakaru3.jpg
 懐かしい 切符


posted by araki at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月05日

文化の日 恒例の湯檜曽川散策

文化の日は恒例の谷川岳
 湯檜曽川沿いを散策となっている

ここには昭和7年9月15日建設された
 虹芝寮がある。雪崩にも合わず
88年(米寿)耐えて来た由緒ある山小屋だ
 少し紅葉は遅かったが、
台風とが上陸しなかったせいか、色鮮やかな景色が
 楽しめた。
 翌日水上は5cmとあり、幸運であった。
1107tanigawa.jpg
ここは一の倉沢出会い付近
1107tanigawa3.jpg


1107tanigawa2.jpg

一番若いのが 7歳〜70才代の年長組迄
1107tanigawa5.jpg

西黒沢近く

1107tanigawa6.jpg
今年も会えた虹芝寮



posted by araki at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月01日

晩秋の上高地

深まった秋の上高地を散策
 通過した松本市 より常念が印象的である。
雲一つない スカンピンの快晴で一日が始まった。
1105kamikouti2.jpg

松本市から常念
1105kamikouti.jpg
コロナ禍でインバウンドの方々が居ないので
  静かな上高地を満喫出来ました。

梓川と釣り尾根
1105kamikouti4.jpg

奥穂高神社の明神池
1105kamikouti5.jpg

 徳澤への道 より明神岳  紅葉の最後の主役カラマツが冴えわたる。

1105kamikouti3.jpg

夕暮れ迫り 残照が奥穂を照らす。

翌日
上高地から帰り道 美ヶ原に立ち寄る
1105utushigahara.jpg
翌日の午後から曇って来る


1105utushigahara2.jpg
 美ヶ原 風が強く北アルプスがぼんやり見えた。

ゴコウ株式会社のロードマットがNETISに引き続き
ARICに登録されました。


posted by araki at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月15日

今年も 来ました アサギマダラさん 今年も来ました、マダラさん

秋の 晴れて気温の比較的高い日に
 やってきました。アサギマダラさん
奄美大島 喜界島に行く途中
 我が家に立ち寄ってくれました。

1012asagimadara.jpg

フジバカマの甘い蜜を
 腹いっぱい吸い込んで
天女が舞う様に優雅に
   飛び立って行きました。
1015asagimadara2.jpg

  この画像は 昔の画像でなく まさしく 
   今年 10月12日 でした。

posted by araki at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月11日

里の秋 借金の返済

魚沼の山里に秋が訪れた。
 56年前(20才)にお借りしたお金を
お返しにきました。
  残雪期 単独で上越の山を歩きました。
(写真をクリックすると大きくなります)

1015sagurigawa3.JPG

この部落のS.Kさんにお金をお借りしておりました。
 古い私の 山日記 をたまたまめくっていたら記録されてました。
img20201015_14291474.png
 (写真をクリックすると拡大します)

 群馬県の水上温泉→矢木沢ダム(熊谷組が工事中)
  水長沢〜 平が岳2140m→剣が倉山→
 藤原山1709m→大水上山(利根川水源地)
 兎岳→中の岳(2085m)→十字峡(430m)
 ここでお世話になった農夫に逢う。
1015sagurigawa.JPG
十字峡  写真をクリックすると拡大します

  中の岳から下山中 十字峡近くまで来ると
 黒部川の十字峡は知りませんが 実に見事な(十字)クロスです
 群馬から マタギの様に山伝いに、途中利根川の
 水源地である 大水上山の 大雪田の雪代で
 ラーメンを作り 中の岳を一気に1600m駆け下り
この十字峡で農夫と出会い、食事、お風呂をいたていただき
 泊めていただき、その上、お金が無かったためにお借りした。
 この図々し若造に 二つ返事で貸してくれました。
  多分 返していなかったと思い、56年後にその息子さんに
 訳を話し 受け取っていただきした。 お返しで来たことは
  遠い昔の山日記と出会えたからです。

今年は クマさんの当たり年だそうで
 至る所に クマさん注意が掲示されております。
1015sagurigawa4.JPG
この写真クリックすると拡大します
  この十字峡でクマでなく、親切な農夫と出会う。

1015sagurigawa2.JPG

三国川ダム かの田中角栄さんがお創りになり
 村人には感謝されております。
 越後に来れば カクサン です。
今 秋田の イチゴ さんとはスケールが違いすぎます。
posted by araki at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記