2018年12月11日

冬は焼き芋にかぎる

何と言っても寒い冬は
 焼き芋 です。
旧友マッサンより贈ってもらった。
 唐芋 種子島産 であります。

 まるでスィーツ!!
1211matue2.JPG

顔 は美人でないが 味は 天下一品

1211matue3.JPG

暖炉で時間をかけて焼きました。

1211matue.JPG


posted by araki at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月02日

お伊勢さん・熱田さん

今日は孫の 七・五・三のお参りで
 名古屋は あつたさま・熱田神宮の参拝
11202atuta.JPG
神主達さんの朝礼
 今日のお賽銭を祈願して・・・

11202atuta3.JPG

11202atuta4.JPG

あつたさま・熱田神宮の
本社であります おいせさん・伊勢神宮にはしごした。
いろいろ この際 願をかけてきました。
11202isejinnguu.JPG

 伊勢うどん・は腰が無く・・やっぱり 赤福”
  を食すると お伊勢さんに来た感がします。
混雑ぶりはさすがです。
 膝が 痛んでおりましたが 参拝のごりやく かすっかり
 良くなりました。感謝・感謝です。
 参拝客の中には 東アジア・東南アジアからの観光客も
たくさん来ていた。

11202isejinnguu3.JPG

これは外宮”
そして内宮へ
 昨日 新嘗祭が黒田様出席の下挙行されたとの事
 連休 中日だけあって混雑は半端でなかった。 

11202isejinnguu2.JPG

締めは
伊勢神宮の門前町 おかげ横丁”は銀座の歩行者天国より
賑やかでした。

11202isejinnguu4.JPG



posted by araki at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月15日

50年前(1968年)エンパイヤ―ステイとビル 入場券

押し入れから古い段ボール箱を
 開けて観たら、浦島太郎の玉手箱
を 開けたように
50年前 1968年若かりし時
 訪れた ニューヨークはエンパイヤ―
 ステイトビルディングの入場券と
パンフレットが出て来た。
            画像の上をクリックすると拡大します。
1968empirekippu.jpg

この時代は 世界一 高い建物でした。
画像をクリックすると 拡大します。
1968empire20181115_13350678.jpg
展望台からの景色の案内図
1968empiremappu20181115_13403963.jpg

もう一度 訪れてみたい!

posted by araki at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月05日

晩秋の谷川岳

晩秋の谷川岳
 一の倉沢は氷河に磨かれたつるつるの岩肌を
見せつけ、宙づりになった岳人を自衛隊員が
 狙撃して撃ち落とした 衝立岩 が凛々しく
座していた。
 頂上は雪で軽く化粧をして、すそは黄色・赤で
染めつくされ 紅葉真っ盛りであった。

こんな山道に ロードマット があったら良いのにと思う。
1105tanigawa3.JPG
旧道は紅葉狩りで 人・人だかり
1105tanigawa5.JPG
 ケーブルカー終点の天神平から 湯檜曽川を囲む白毛門
清水峠方面の 七つ小屋は真っ白だ
1105tanigawa2.JPG

旧道の行き止まり案内板 から 新道に下りると
 成蹊学園の 虹芝寮 だ 昭和7年9月15日竣工から
今日まで 86年の長きに渡り 雪崩にも遭わず
 じっと耐えてきた山小屋だ。
立ち寄った岳人が 感想を書き綴った 山小屋 日誌は
 全巻保管してあります、日本でも誇るべき 小屋です。
1105tanigawa.JPG


1105tanigawa4.JPG
ぶな 林の 鮮やかな黄色の紅葉は見事です。
続きを読む
posted by araki at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月01日

ロードマット 沖縄へ

ロードマットがトウトウ 
沖縄まできました。

今回で2回目でした。
 実績を買われての事でした。

沖縄赤土(あかつち)流失防止条例
タイヤ等から道路などを汚さない様に
そして、海に流れ込まない様にとの
配慮で今回 お使いいただきました。

監督さんから 良く落ちるよ と
お褒めの言葉をいただきました。

私は気を良くして 帰りました。
1027okinawa5.JPG

このロードマットは泥落として使用されております。
 後ろに 赤土 の山が見えます。

1027okinawa.JPG

1027okinawa2.JPG

 トラックが 10トン大型車が何台とおても
 大丈夫!!
 ロードマット上を通過している画像です。



posted by araki at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月27日

沖縄に遊ぶ

また、沖縄に遊びに来る
沖縄の旧跡と言えば 首里城を指しますが、
識名園も首里城と共に 
 世界遺産に登録されております。
なのに 観光客が極端に少なく
 ゆっくり見学できるのがとても良い

ここは 中国の清、明の様式と朝鮮、そして
 日本3か国の文化をうまく調和させて
飽きさせません。
 ぜひとも 沖縄に行かれた時は寄って下さい
1027okinawa sikinaenn2.JPG

1027okinawa sikinaenn3.JPG
右端の石の橋 の上に 6角堂が良く見ると見えます。
1027okinawa sikinaenn4.JPG
 日本式 庭園

posted by araki at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月20日

54年ぶりに・・・お礼


利根川をさかのぼり
 5月残雪期 水上を過ぎ、藤原ダムを通過して
熊谷組が建設中八木沢ダムを通りすぎ
 古穂口沢をワイヤーロールで出来た
モッコ渡しにお世話になり、
 今はダム湖に沈んだ  温泉を経て
水長澤から平ヶ岳で尾瀬の方から来る尾根に
合流し 利根の水源 大水上山の雪田で遊び
 中之岳から 五十澤上流の 十字峡に出た。

54年前の単独山行でした。
 その時 泊めていただいた方を訪ね、
「お礼参り」に伺った。
 お世話になったご主人は亡くなっておりましたが
息子さんに逢えて 本当に良かったです。
1013saguri.JPG
お世話になった家
1013saguri3.JPG

中ノ岳方面の山々
1013saguri8.JPG

十字峡から上流を見る
1013saguri7.JPG

年間 今は12000人登るそうだ
1013saguri5.JPG
田中角栄先生の一言で出来た ダム
 それまで 洪水が頻繁に起きたが 今はないと言う。
村民は大変ありがたがっておりました。
1013saguri2.JPG

堰堤から下100メートルに作られた監査道
 一年中 10℃ だそうです。
posted by araki at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月06日

アサギマダラ連日の訪問

アサギマダラ その2
一昨日に飛来してから連日我が家を
 訪問して、ほんとに優雅に舞って
 くれてくれております。
今日はだいぶサービス良くて
 羽を大きく広げてくれ、良い写真が撮れました
1005asagimadara.JPG

大好物のフジバカマの蜜を思う存分吸っています。
1005asagimadara.5.JPG
1005asagimadara.3JPG.JPG

1005asagimadara.2.JPG


今 ブログの作成中ですが、
 目の前 を1頭・2頭飛んでおります。
1005asagimadara.2.JPG

あと2〜3日はアサギマダラと会えると思います

posted by araki at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月03日

我が屋にアサギマダラ飛来

今年我が家の庭に
 アサギマダラ優雅に舞い降りて来た。
フジバカマが今年は多く咲
 アサギマダラが天空から見つけ
きっと 下りてくると 期待していた。

感は バッチリ的中した。
 台風一過 夏日に舞い降りて来た。
カメラを撮りに急い戻ると
 待っていてくれた。
1003asagimadara.JPG

1003asagimadara.2JPG.JPG

1003asagimadara.4JPG.JPG


シャッターを切り終えると
  また去って行った。
海を越え 奄美大島 喜界島まで
 無事旅が出来るよう
グッド・ラック
posted by araki at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月06日

神楽坂散策




飯田橋近くの神楽坂を散策しました。
 人一人と通れるくらいの路地があったり
おフランスの薫りが漂ったり
 おき屋があったり

東京理科大学・東京医科歯科大学があったり
P9053283.JPG

P9053279.JPG
群馬出身の方が 財を成して 神社を寄進したそうです
P9053306.JPG




P9053312.JPG


芸者 料亭はどうして黒塀  灰色でなくなんでしょうか
 お金持ちや政治家に聞いて下さい。
黒塗りの乗用車、レクサスか高級ハイヤーで乗り付けます。



P9053294.JPG

 日本のモンマルトルともいわれております。
  丘の上に フランス政府が管理運営しております
 アンスティチュ・フランセがあります



posted by araki at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記